おおまさり!

連休に某所で、阪神ファンの方から、

「おおまさり」の差し入れを頂いた。

そして、昨日は、別の阪神ファンの方から

「おおまさり」を送って頂きました。

「おおまさり」

関西では、見かけません。

おおまさり?

落花生の品種です。それも千葉にしかない!

千葉の落花生は有名です。

味か濃くて、噛めばかむほどに、美味い。

輸入品の落花生なんか、足元に及びません。

殻付き落花生といえば、炒ったものが普通ですが、

この、おおまさりは、茹でていただきます。

落花生の枝豆みたいな感じです。

おおまさり、粒がすごく大きくて、普通の落花生の

2、3倍の大きさで、食べ応えがあります。

関西では、茹でた落花生をあまり見かけませんが、

関東だと、居酒屋の、突き出し(お通し)なんかで

出てくるポピュラーな存在。

でも、おおまさりは、高級品なんで、

突き出しでは出てきません。

落花生というと、炒ったもので、

ポリポリと食べるものですが、茹でた落花生を

初めて食べると、違和感を感じます。

茹でた落花生が好物なんで、

きょうから、楽しませていただきます。

食べ過ぎると、お腹の調子が変になるので、

気をつけながら、いただきますね。

ありがとうございました。

ご相談は、お気軽に

光嶋司法書士事務所

大阪市淀川区西中島6-3-32

第2新大阪ビル805号

06-6306-2657

今日のランチ しゃぶしゃぶ萬寿野 牛とじ定食@大崎 ( ブログバトン )

今日のランチは会社の近くのしゃぶしゃぶ屋さん萬寿野。

今日の牛は北海道、とかちポロシリ和牛。

って初めて聞きました。

しゃぶしゃぶ用薄切り肉と野菜が陶板の上で玉子とじ。

ジュージューいいながら登場。

脂あっさりの肉でした。

完食。

ごちそうさまでした。

今回の読書ヨースタインゴルデル著オレンジガールとか

おはこんばんにちは

今回も読み終わった本を紹介したいと思います

では、早速ですが、今回読んだ本はこちら

ヨースタインゴルデル著オレンジガール

オレンジガール

Amazon

この本を読んだのが8/20

ちょうどリンクしているように、一か月前ですね

前の記事もちょうどリンクしていたので、2日で1冊ってペースですね

1月に読む本の量が、15冊前後なので、ぴったりな感じ

やっぱりこのぐらいのペースでブログ書くのがちょうど良いんですね

では、あらすじいきましょう

あらすじ

哲学をやさしく説いてベストセラーとなったソフィーの世界の著者、ヨースタインゴルデルが描く、ヤングアダルト向け小説。歴史上の哲学者たちの言葉を指針としたソフィーの世界に比べ、本書は家族という、誰にとっても身近なものを題材にする。生と死、そして世界の在り方について、親しみやすい観点から描いた作品である。

15歳のゲオルグ少年のもとに突如届けられた、11年前に死んだ父からの贈りもの。生前の父が未来の息子へと宛てたその手紙には、若かりし父が出会った風変わりな女性、オレンジガールとの物語がつづられていた。偶然のように何度も現れる彼女に魅入られた父は、その姿を捜し求めてノルウェーからスペインまで足を運ぶ。オレンジガールの正体をめぐる旅を書くことにより、父が遺していった大きな問いとは何だったのか。

手紙を読み進めるうちに、主人公と共に読者は謎解きの世界に引き込まれていく。特に、ゲオルグが強く引かれていたハッブル宇宙望遠鏡と、父とのつながりが明らかになるくだりは、ミステリアスだ。また、父が示した命についての根源的な疑問は、親子の関係を通し、過去から未来へと続く生命の意味を考えさせられる。この世でのぼくたちの生は、この1回限りだという言葉を鍵にした、父と息子の心の旅は、若い読者だけでなく、子どもを持つ親たちの胸にも響くだろう。砂塚洋美

Amazonの商品の説明からそのまま引用してきました。

まぁこの説明自体も本の訳者の解説から引っ張ってきただけでしょうけどねwww

では、感想いきましょう

感想

作者、ノルウェーの作家さんだそうですよ

ソフィーの世界を書いた方なんだそうですが、ソフィーの世界って最後まで読んでないから作者は記憶から消去されてましたw

あれ、途中で飽きちゃうんですよね

途中からただの哲学者の紹介みたいになってきちゃってて

ソフィーの世界ってこれです

ソフィーの世界哲学者からの不思議な手紙2097円

Amazon

さすが、ベストセラー本ですね

だいぶ古い本ですが、まだ絶版になってません

あとから発売されたオレンジガールの方は絶版なんですけどねwww

皮肉なものですwww

っで、本としては、結構面白いけど、大人というよりは高校生ぐらいに読んでもらいたい本ですね。

ちょうどそのころ考えることが書いてあるので、きっと手助けになると思います。

ソフィーの世界の作者だけあって結構哲学的ですし。

まぁヤングアダルト向けなので、当然かwww

本自体も、これはたぶん訳者が優秀なんだと思いますが、非常に読みやすくなっていますので、普段本読まなくても読めると思います。

じゃあ、今回はこの辺で

ではでは〜

にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!

blogramランキング参加中!

DONBURI亭 中華丼 - ゆめ未来     

江崎グリコ   2018.9.20

レトルト食品は、あると便利です。

ぼくは、昼食にカレーを用意しています。

カレーばかりでは、飽きるので何かないかと思い、

スパーで 「グリコ DONBURI亭 中華丼」 を見つけました。

手軽に美味しい「中華丼」がいただけます。

電子レンジでは加熱しないで下さい。

電子レンジで加熱すると、「うずらの卵」が割れて飛び散る場合があります。

電子レンジでチン出来ないのが残念です。

パリパリ麺にかけて、長崎ちゃんぽん風にしてみました。

この食べ方も、また、美味しいです。

ビールのお供にもよく合います。

ロナウド

ロナウドはマークの裏を取ろうと走るけど、そのマークが手で塞ごうとしてきたからそれを手で振り払ったら相手に当たって痛がって倒れたみたいな感じかな?アップで見ないと何してるのかわかんないなー。